FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に夢中で読んだ本♪ 『夏への扉』

ここのところ2か月に一度帰省する新幹線の中が私の唯一の読書タイムです。
いつも文庫本を2~3冊持っていくのですが、きっと根気がなくて飽き性なの
でしょう。どれもこれもを読みかけにしたたまま次の帰省にはまた別の本を
持っていくものだから、中途半端に放り出した本がごまんとあります。
本当にだらしない性格だな~と思います。

今回も3冊持参して、その中の1冊が、先日たまたま本屋で目にして購入した
『夏への扉』 (ロバート・A・ハインライン 著/福島正実 訳/ハヤカワ文庫SF)です。
読み始めたらやめられなくなってしまい、読み終えるのを惜しみながら2~3日で
完読しました。こんなに一気に本を読むのは何年ぶりでしょう。
数年前に読んだ復刻版『マイナス・ゼロ』 (広瀬正 著/集英社文庫) 、十数年前に
読んだ 古典的SF小説『タイム・マシン』(H・G・ウェルズ 著) 以来かな~。
要はいくつになってもタイムマシンものが好きで夢中になるってことみたいです。

この『夏への扉』は日本のSFファンの間では不動の人気がある小説のようです。
山のようにある書物の中からたまたま夢中になれる本に出会えてちょっぴり幸せです。

アメリカで出版されたのが1957年。日本ではその翌年に加藤喬 訳で出版され、
福島正実 訳が出たのは1963年。訳者によっても小説の雰囲気は違ってくるでしょうね。
そして小説の時代設定は1970年であり、主人公が30年間の冷凍睡眠(コールドスリープ)後に目覚めるのが2000年という設定で、小説の中の未来がすでに過去になってしまい
ました。執筆当時に想像した未来と現在を比べるのもまた興味をそそられます。

この小説の面白さはSF的要素ももちろんですが、「夏への扉」があることを信じて
いつも探し続けている主人公の相棒猫ピートの描写です。ほのぼのとしてピカイチ!
文化女中器(ハイヤード・ガール)、窓ふきウィリィ、万能(フレキシブル)フランクといった
愉快なネーミングの自動機械(ロボット)がいろいろ出てくるのも楽しい。
登場人物たちの描写もどこかコミカルでにくめません。そして、30年のときを経て
のハッピーエンドに乾杯です(^^♪

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

くまねこくんさん、お礼が遅くなりました。ごめんなさい。

ブログに書き込むことを承諾していただいてありがとうございました。

さきほどアップしましたので、よろしければいらしてくださいませ。

Re: 読みました!

りんごかあさん、おはようございます!

『夏への扉』、ずっと気になっておられたのですね。
ブログをきっかけに読まれたなんて、嬉しい限りです🎵

いま、本をパラパラめくってみたら、早くも記憶が薄れかけていました(笑)。同じく理系に弱い私、タイムマシン物を読むといつも頭がぐるぐるです。もう一度読んでみようと思います。
SF+ロマンチックな純愛+猫のピート  面白い要素が満載でしたね!

りんごかあさんのブログでの感想、楽しみにしています!
こちらこそいろいろ紹介してくださいね(^^♪

読みました!

くまねこくんさん、こんにちは!

今回は、本当に面白い本を紹介してくださって、ありがとうございました。
今まで何をためらっていたのか?と自分に突っ込みました(笑)。
多分、くまねこくんさんが「ハッピーエンドに乾杯」と書いてくださったのも、読む決心がついた一因です。

最初はSFというよりは痴話喧嘩絡みのサスペンスだったのが、冷凍睡眠から冷めてタイムマシが出てくると(理系に疎い私にはちょっと頭が混乱することもあったのですが)、ぐっとSFらしい展開になって、+ちょっとロマンチックで、主人公は無事に思いを遂げられるか、ハラハラしながら読みました。

とても面白かったので、私もブログで取り上げたいと思いますが、よろしいでしょうか?

これからもまた、楽しい読書レポートをお願いします!

Re: No title

ねこ眠りさん、コメントありがとうございます。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー1・2・3』、一気に観られたのですね!
俳優さんたちが実に楽しそうに演じてますよね♪
私はこの映画を観て以来、気持ちが少々SFづいています。そんなところに
この『夏への扉』を読んだので、ひと昔前のワクワクドキドキ感を思い出して、
あ~また何か読みたいな~って、久しぶりの読書欲です。

普段はあまり本を読んでいないのですよ。何十年も前に買って読まずじまい
のや途中で放り出してる本が山とあるので、それを読み終えなきゃという
義務感にいつも縛られながら、でもちっとも読まないという矛盾した日々です。

いまだにまだ『夏への扉』の余韻が残っていていい気持ちです。
この題名も好きです^^。

No title

こんにちは お帰りなさい(*^-^*)

そうなのですか!猫の後姿が表紙になっている文庫本(りんごかあさん 勝手に読んでごめんなさい(^-^;) なのですね♪ 私も ますます読みたくなりました(*^-^*)
沢山の本を読まれている くまねこくんサンが夢中になられた本とは! これは 早く読みたいです。 
タイムマシン・・といえば 『バック・トゥ・ザ・フューチャー1・2・3」 やっと観ました。 観ているうちに 前に観た時のことを思い出しながら いっきに楽しく・・ 2015年が もう過ぎたことが また不思議な感じがしました。主人公のマイケル・J・フォックスさんが また観ても素敵でした(*^-^*)  

Re: No title

りんごかあさん、おはようございます!
日本は10日の朝だけれどカナダはまだ9日(昨日)なのですよね。
ミニタイムスリップしたみたいでなんだか不思議です。

「夏への扉」、そうですそうです、猫ちゃんの後姿が表紙の本です!
私も表紙の猫ちゃんと素敵な題名に惹かれて手に取ってみました。
私の中では久々の大ヒットでいまだに余韻が残っています。
猫のピート、そう言えばりんごかあさんちの猫ちゃんになんとなく
雰囲気が似てるような・・・。特に窓から外を眺めているときの
姿が。 コメントありがとうございました!

No title

こんにちは!

「夏への扉」は、もしかしたら猫の後姿が表紙になっている文庫本でしょうか?
何度かその表紙画に誘われて「読んでみようか?」と思ったことがありますが、そこ止まりでした。

くまねこくんさんの作品説明を読んだら、本当に読んでみたくなりました。
これから早速注文してきます!

面白そうな本を紹介してくださってありがとうございました♪
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

くまねこくん

Author:くまねこくん
         
日々の暮らしの中で
思った事、感じたことを…
(マメじゃないので時々更新です)

アナログな暮らしが好きです♪

✿趣味:映画、土いじり

✿どんぐりの絵、ペイントで書いたので
  ちょっといびつですが…

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ブロとも一覧

穏やかな時間(とき)の中で…
リンク
アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。