FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ちょっと切なくて懐かしい映画『ポプラの秋』

明日から11月。
振り返ると、いつになくなが~く感じられる10月でした。
ちょこちょこと色々なことはあるけれど、特別なことがあったわけでもない。
『ポプラの秋』を観た10月3日はもうずいぶん前のような気がします。

☆『ポプラの秋』

監督:大森研一   原作:湯本香樹実「ポプラの秋」
主演:本田望結 、中村玉緒 、大塚寧々 、村川絵梨 、藤田朋子、宮川一朗太ほか


古いアパートポプラ荘、みんなの悲喜こもごもを見守るポプラの木、向かいには
大家のおばあさんの住む古い民家。小京都と呼ばれる飛騨高山の町並み。
映像をみているだけで懐かしく切ない気持ちになります。

突然父を亡くして呆然としている千秋(本田望結)と母(大塚寧々)はふらりと電車を
降りて町をさまよい、ポプラの木のあるポプラ荘を見つけます。亡くなった人に手紙を
届けてくれるという、ちょっぴり妖怪じみた大家のおばあちゃん(中村玉緒)。
お人好しのアパートの住人、佐々木さん(藤田朋子)と西岡さん(宮川一朗太)。
千秋はせっせと天国の父へ手紙を書き、彼女らとのふれあいで笑顔を取り戻します。

西岡さんの息子のオサムくんと千秋が高山の町を駆け回りながら心を通わせるシーンが
よかったですね。子どもの存在ってどうしてこんなに感動してしまうのでしょう。
二人のシーンをもっと見ていたかったな。

秋の一日、ひとり静かに観賞するのにぴったりの温かい作品です。

湯本香樹実さんの小説は、いつも本屋さんで気になって手に取るのですが、
いまだに読まずじまいです。映画を観て、ぜひ小説でも味わいたくなりました。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

くまねこくん

Author:くまねこくん
         
日々の暮らしの中で
思った事、感じたことを…
(マメじゃないので時々更新です)

アナログな暮らしが好きです♪

✿趣味:映画、土いじり

✿どんぐりの絵、ペイントで書いたので
  ちょっといびつですが…

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ブロとも一覧

穏やかな時間(とき)の中で…
リンク
アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。