FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆春なのに…。ちょっと暗い映画ばかり。

トキワナズナ 













ここのところの陽気でトキワナズナの花が咲き始めました。昨秋に父から貰ってきたのですが、根がとても細くてデリケートな植物です。水遣りを忘れるとあっという間に枯れてしまうし、暑いと蒸れるし、陽に当てすぎると葉焼けするし…。
風にそよぐ可憐な花です。(ちょっとピンボケ)

もう春だというのに、最近観た映画、どれもちょっと暗かったですね~(-_-;)

☆『チャイナタウン』(1974年・米)第二回 新・午前十時の映画祭で2/14観賞

 監督:ロマン・ポランスキー
 主演:ジャック・ニコルソン、フェイ・ダナウェイ、ジョン・ヒューストン他


1930年代のロサンゼルス。主人公の私立探偵ジェイク(ジャック・ニコルソン)は、モーレイ夫人と名乗る女からの依頼で夫の浮気調査することになります。モーレイが水死体で発見され、依頼人とは別人の本当のモーレイ夫人(フェイ・ダナウェイ)が現れて、 彼の死に疑問を抱いたジェイクは独自に調べ始めます。そして、水道利権をめぐる裏の陰謀とそれを操る大物が明らかになってきて、その大物の家族の愛憎劇にまで巻き込まれていきます。何度も危ない目にあい、真相に近づきながらも結局は警察は見て見ぬふり。助けようとしたモーレイ夫人も目の前で射殺されてしまいます。残るのは虚無感ばかり。

なぜタイトルが「チャイナタウン」?少々アジア蔑視があるような気もするけれど…。1930年代のアメリカは、犯罪や利権がらみの裏取引が横行していたのでしょうかね。ジャック・ニコルソンのパジャマシーンがありましたが、どんな名優もパジャマ姿になるとただのオジサンになってしまうのですね^^ 
まさに70年代のアメリカ映画って感じでした。


☆『サンバ』(2014年・仏)2/22観賞

 監督・脚本:エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ
 主演:オマール・シー、シャルロット・ゲンズブール他


チラシの、「最強のふたり」の再タッグ。ビザなし、金なし、住所なし。持っているのは‟最強″の笑顔だけ。などの言葉に楽しい笑える映画のイメージで観に行ったのですが、意外に暗いトーンの映画でした。
主人公サンバはアフリカからフランスへきて10年。料理人をめざしていましたが、ビザの更新を忘れて国外退去を命じられ、拘束されます。移民支援協会で担当になった燃え尽き症候群のアリスと心を通わせるようになりますが、次から次へと起こる大ピンチ。
フランスはいかに移民が多い国なのか知りました。そして、生きて行くためには、不正な身分証を手に入れ、名前を偽ることも仕方がない現実。映画の終わり方に少々あと味の悪さが残りましたが、これが現実なのかもしれないですね。


☆『悼む人』 2/25観賞

 監督:堤幸彦  原作:天童荒太
 主演:高良健吾、石田ゆり子、井浦新、椎名桔平、大竹しのぶ他


今日観てきたのですが、上の2作品の比ではないズシーンとした重さが残る映画でした。「悼む人」っていうタイトルからしてそうですが、オープニングからエンディングまでずっと、胸がざわざわして苦しくなりました。天童さんの小説はどれも苦しそうで、読む勇気がありませんでしたが、この映画は堤幸彦さんが監督というので少し期待して観に行ってみました。でも私にはあまりにもしんどい映画でした。主人公の静人(高良健吾)にも、旅を共にする倖世(石田ゆり子)にも共感することができませんでした。静人が亡くなった人を〝悼む″ときのつぶやきがどうにも胸にざわついてしまうのです。人間の業のような映画で、見終わった後、暗い気持ちになってしまいました。

次回は絶対に楽しい映画をみるぞー!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

くまねこくん

Author:くまねこくん
         
日々の暮らしの中で
思った事、感じたことを…
(マメじゃないので時々更新です)

アナログな暮らしが好きです♪

✿趣味:映画、土いじり

✿どんぐりの絵、ペイントで書いたので
  ちょっといびつですが…

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ブロとも一覧

穏やかな時間(とき)の中で…
リンク
アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。