FC2ブログ

アメリカ映画って…

寒さの中にも春の気配が感じられるようになってきましたね。
春めいた日には陽気に誘われるのか、人通りがぐんとふえて
そんな光景を見ていると気持ちもほっこりします。

さて、ちょっと私の独断と偏見に満ちた映画の話。
ちょこちょこ映画を観に行くのですが、せっかく期待して行ったのに
いまひとつの作品や、いい雰囲気だなと思って見ていたのにラストシーン
で残念な作品がここのところ多くて少々欲求不満気味です。

特に近年のアメリカ映画はとっても残念です。
十把ひとからげにしてはいけないのですが、例えば地球が滅亡の危機に
陥っているときでも、まずは愛する家族・愛する恋人が何よりも大切。
そして次に大切なのが愛するわが国。周りで仲間達が次々に倒れていっても
おいおい、そんなところで家族や恋人と連絡取りあっている場合か?
なんてシーンが多々あるような…。

昨年、評判もいいし、たまにはいつも見ないような作品でもと思って迷いながら
見に行ったのが『ブレードランナー2049』。近未来のSF的な面白さもないし、
人造人間(レプリカント)のアイデンティティ探しのようなけだるいストーリーで
がっかりして帰ってきました。それ以来、見応えのあるアメリカ映画はないものか
と、『ギフテッド』や『ギルバート・グレイプ』(1993年の作品。少年時代の
レオナルド・ディカプリオの演技は一見の価値あり)など何本か見ましたが、
いまひとつ物足りないですね~。

どこかに「家族さえ、恋人さえ、自分の国さえ良ければ」「自分たちが一番だ!」
みたいな匂いが感じられるのかな。それともただ私の感性と合わないだけなのかな。

つい先日も、『ゲット・アウト』が斬新なスリラー映画っていうふれこみだったので
少し迷いながらも見てきましたが、たまに大きな音にビックリするくらいで、ハラハラも
ドキドキも、どんでん返しも、笑いどころもなく、どこかで見たような展開であっけなく
終わってしまい「あらラララ…」でした。黒人対白人という設定も、あまり意味を感じ
なくてやっぱり残念な作品でした。もうひとひねり欲しかったな。

アカデミー賞受賞作品は全くあてにならないしな~。
ひと昔前にはけっこう秀作があったのにな~。
でも懲りずに、見応えのあるアメリカ映画との出会いを待ってます。

スポンサーサイト



カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

くまねこくん

Author:くまねこくん
         
日々の暮らしの中で
思った事、感じたことを…
(マメじゃないので時々更新です)

アナログな暮らしが好きです♪

✿趣味:映画、土いじり

✿どんぐりの絵、ペイントで書いたので
  ちょっといびつですが…

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ブロとも一覧

穏やかな時間(とき)の中で…
リンク
アーカイブ