FC2ブログ

やっぱり映画は楽しいな🎵

この頃、季節が変わっていくのを感じて気持ちが少し弾んでいます。
名月を愛でながらお団子も食べたし、暑さでぼーっとしていた頭も
シャキッとしてきたし、めずらしくやる気がでてきたような。

それなのに…TVニュースを見るたびにドヨ~ンとしてしまいます。
私利私欲にまみれた政界模様にうんざり。自公がどうしようもないのは
言うまでもないけれど、『希望の党』というネーミングに意気揚々と中身
のない無神経な言葉を発する小池さんを見ていると、夢も希望も萎えて
暗い気持ちになります。そして「希望の党」にすり寄る人たち。プライドも
ポリシーもないのでしょうか。なんだか人相までも悪くなってるような…。

ぼやきはこの辺にして、映画の話で気分転換です。
9月は久しぶりに3本観ることができました
「午前十時の映画祭8」で旧作2本。邦画の新作1本。

☆『泥の河』(1981年) 監督:小栗康平(第1回作品) 原作:宮本輝

昭和31年の大阪の安治川河口を舞台に、少年二人の友情を通して
当時の暮らしが描かれています。学校へも通えずに岸に繋がれた舟で
暮らす姉弟がけな気で悲しい。まだまだ戦争の影を引きずり、みんなが
貧しかった時代。この姉弟のような子どもも何人もいたことでしょう。
今、70歳くらいでしょうか。その後幸せな大人になれたでしょうか。
モノクロの画面から、子ども達のささやかな喜びや切なさが伝わってきます。

☆『トリュフォーの思春期』(1976年・仏)  監督:フランソワ・トリュフォー

フランスのある町。子ども達がたくさん出てきます。ストーリーがあるわけでなく、
ただ子供たちのちょっとしたハプニングやいたずら心、小さな恋のエピソードなど
が次々と出てきて、躍動感にあふれた作品でした。子どもの虐待のエピソードも
ちょっぴりはさまれています。

☆『三度目の殺人』  監督:是枝裕和

少し迷ったのですが、是枝監督のオリジナル作品というので、観に行ってみました。
心理サスペンスということでしたが、ほとんどが犯人と弁護士の接見室のシーン。
まるで役所広司(犯人)の一人芝居を見ているようでした。内容も登場人物もあと一歩
掘り下げが足らない感じで、だから何なの?と突っ込みをいれたくなり、少々消化不良
気味で残念でした。「三度目の殺人」というタイトルもぴんとこないなぁ。唯一、市川
実日子さんのセリフが光っていたけれど、結局は予定調和の裁判で終わってしまいます。
人が人を裁くって実に難しいことですね。真実はいつも藪の中なのでしょうね。

10月もいい映画に出会えるといいな!

スポンサーサイト



カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

くまねこくん

Author:くまねこくん
         
日々の暮らしの中で
思った事、感じたことを…
(マメじゃないので時々更新です)

アナログな暮らしが好きです♪

✿趣味:映画、土いじり

✿どんぐりの絵、ペイントで書いたので
  ちょっといびつですが…

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ブロとも一覧

穏やかな時間(とき)の中で…
リンク
アーカイブ