スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆初映画は…『初恋のきた道』&『山の郵便配達』

バタバタとしているうちに1月もあとわずかになりました。
今年の初映画は午前十時の映画祭7”で観賞した中国映画です。
来年度(4月~)も“午前十時の映画祭8”の開催が決定しました!
どんな作品に出会えるか、いまからとっても楽しみです🎵

☆『初恋のきた道』   (1999・中国)  1/7観賞

   監督:チャン・イーモウ
   主演:チャン・ツィイー、チョン・ハオ、スン・ホンレイ、チャオ・ユエ
リン

父の訃報を聞いて帰郷した息子。母は古いしきたりどおりに亡骸を町から村まで運び
たいと言って周りを困らせます。息子は父と母の出逢いを思い出します。~
小さな村に初めて建った小学校。そこへ青年教師(父)が赴任してきます。村人総出
で出迎える中、娘(母)はその青年にひと目で恋をしてしまいます。その一途な気持ち
がやっと伝わったやさき、青年は文化大革命の混乱で町に帰って行くことになります。
また帰ってくるという約束を信じて、町へと続く一本道でずっとずっと待ち続ける娘。
~母の父への生涯変わらぬ思いを知った息子は、母の切なる願いをかなえるため、
母の初恋がやって来た長い道をたどって、たくさんの教え子たちとともに父を村へ
連れて帰ります。

とってもピュアなラブストーリー。村の美しい風景に美しい音楽。思わず涙が…と
なりそうなものですが、なぜか気持ちが入り込めませんでした。
私の気持ちがピュアじゃないから?それもあるけれど、たぶん、主人公の女優さん
チャン・ツィイーの演技が(目の表情)あまり好きになれなかったからだと思います。
とてもきれいな方なのですが、もっと素朴な雰囲気の女優さんがよかったな~。
やっぱり人それぞれ好みがあるものですね。以前からみたかった作品で、とても
楽しみにしていただけにちょっぴり残念でした。


☆『山の郵便配達 』  (1999・中国) 1/14観賞

  監督:フォ・ジェンチイ
  主演:トン・ルゥジュン、リィウ・イェ、ヂャオ・シゥリー


80年代初頭の湖南省西部の山間地帯。長年、郵便配達をしてきた父親が膝を痛めて
引退することになります。その仕事を息子に引き継ぐために、最後の仕事として2泊3日
の郵便配達の旅に出ます。職人気質の寡黙な父親と、トランジスタラジオでポップスを
聴きながら歩く今どきの息子、そして心強い愛犬の二人と一匹の旅です。

水墨画のように美しい山村風景。重い荷物をしょって険しい山を越え、いくつもの村に
郵便を届けて回ります。手紙を心待ちにしている人たち。長年配達してきた父と村人
たちとの交流。誠実に仕事をする父の背中を見て、この仕事の責任の重さと父の仕事
への誇りを感じ取ります。そして、いつも留守がちで気持ちのわだかまりがあった
父と子の心もいつしかほぐれていきます。再び、今度はひとり(と一匹)で配達の旅に
出る息子の後ろ姿と見送る父の姿・・・。

この作品を観るのは2回目です。今でも山々をまわる郵便配達の人はいるのでしょうか。
毎日毎日、黙々、淡々と仕事をこなす人たち。貧しいけれど温かい村人の暮らしと笑顔。
なんともいえない清涼感の残る映画です。 あ~人間って捨てたもんじゃないなあ。
息子の口から初めて出た「お父さん」という言葉にこっそり喜ぶお父さんのシーン、
よかったですね。寡黙で誠実なお父さんのたたずまいがまたいいです。
素敵な役者さんでした。


スポンサーサイト

10年日記~未来はいずれ過去になる

はるか昔、小学生の時に日記の宿題が出て以来、時々日記を書く習慣があります。
中学生になって赤い素敵な日記帳を買いました。「アンネの日記」に感化されて
日記にニックネームをつけて書いていました。その頃はコンプレックスの塊だった
ので、いつも悩み事を書き連ねていたように思います。すでに親に処分されて
恥ずかしい過去は消えてなくなりました。 (ヨカッタ!)

その後はどの程度書いていたか記憶があいまいです。
今も、その日の出来事をメモする程度ですが、たま~に書いています。
時々、何のために書いているんだろう、いずれ捨ててしまうのにな~と思い
ながらもやめられずにいます。ただの惰性です。

今使っている5年日記がちょうど終わったので、もう無駄なことはやめようと
思ったのですが、5年前を見ていると、「へ~!こんなことあったんだ。」…
と、意外に面白くて年が明けてからまた日記帳を買ってしまいました。

今回も5年日記にしましたが、1ページに同じ日付の5年分が書けるので、
真ん中に線を引いて10年日記に変身させました。1冊約3,000円と少し
高価だったけれど、1年当たり300円と思えば高くない。
10年後にもう1冊、長生きできたら20年後にもう1冊買えばそれでたぶん
終わり。全部で3冊。だったらやっぱり続けてみようかな。 
 
これからの未来を10年後・20年後に過去としてふり返る楽しみ。
さあどんな未来が待ってるか。ぐうたらばあちゃんかな?

うららかな年の初めに…

今年のお正月はうららかな日和で、気持ちまでのんびりしました。
こんなに穏やかな天気のお正月は久しぶりのように思います。

はてさて今年はどんな年になるのか。いろいろ気をもむことの多そうな
公私ともに忙しい年になりそうで、今から少々構えています。とにかく
体調だけは気をつけて元気に乗り切りたいな~。

ここのところ、過剰サービスや働きすぎが話題になっています。
やっと気づいたか…との思いです。
お店は365日夜遅くまで開いているし、足を運ばなくてもネットで
クリックすれば翌日には品物が自宅まで届く。留守宅が多いので、
再配達で二度手間になることが多いのじゃないかな。
便利になればなるほど休みもろくにとれずに夜遅くまで働く人が増え、
夜遅く帰宅する人のために深夜まで営業するスーパ―が増える。
よそがやるからうちもやらなきゃと、どんどん悪循環に陥っていく。
そして便利さがあたり前になっていく人々。

いつからこんなことになったのでしょう。90年代くらいからかな~。
元旦くらい休めばいいし、営業もせいぜい夜8時までで十分。
週1回の定休日も、80年代までは当たりまえだったのにね。

年末年始も働きづめで、残業代もほとんど出ず、毎日深夜12時に
帰宅してロクに食事もしないままバタンキューと眠りこけ、翌朝また
出勤していく娘を見ていると、心配でいろいろ考えさせられます。
労基なんて絵に描いた餅の職場がごまんとあるのでしょうね。
すこしでも良い方向に行ってほしいなと思います。


カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

くまねこくん

Author:くまねこくん
         
日々の暮らしの中で
思った事、感じたことを…
(マメじゃないので時々更新です)

アナログな暮らしが好きです♪

✿趣味:映画、土いじり

✿どんぐりの絵、ペイントで書いたので
  ちょっといびつですが…

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ブロとも一覧

穏やかな時間(とき)の中で…
リンク
アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。