スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春 ~ 娘の自立? & 青春時代の思い出

ラッパズイセン













ここ一週間、急に春の陽気になって来ましたね ルンルン
いろんな花が日々あちこちで咲き始め、庭の雑草も伸びてきました。
寒さでちぢこまっていた身体もやっとほぐれてきました\(^o^)/

今月は、訪問先の利用者さんがショートステイに行かれたり、入院されたりで
ちょっと休みが増えました。でも、のんびりできる反面、収入が減りま~す(-.-)
その貴重な休みを、ここのところ次女に捧げ尽くしています。トホホ

わが家は狭くて個々のプライベート空間がもてません。
「もう限界!3月中に引っ越すからね!」なんて猛語していた次女。
でも口ばっかりで、ちっとも動き始めないうえに、話しかければぶすーと返事もしない。
都合のいい時だけ「お母さん、今度いつ空いてる?」と言ってくる。
自分で勝手にしなさ~い!と言ってみたものの、そこは親バカ。
ガミガミ文句言いながらも、先々週の土日はアパート探しに横浜周辺を一緒に歩き回るはめに。どうにか住居が決まって、この土日はまたまた電化製品や生活用品の買い出しにお付き合い。疲れた~。あと、引っ越し当日手伝ってやっと肩の荷がおります。

いろんな手続きも、「わかんな~い。まだいいんじゃないの?」とのたまう。
お尻をたたき続けてやっとだいぶ進みました。やれやれ。

今回よーくわかったのは、思っていたより次女がいかに世間知らずで面倒くさがりか。
セールストークには、へらへら笑ってはっきり断れず、いかに騙されやすいか。
本人も、自分の頼りなさを自覚したみたいで、「わからないことがあったら聞いてね」
というと、いつになく素直に「うん」と言っておりました。がんばれよ!

この季節になると、田舎の高校を卒業して京都にでてきた◯十年前を思い出します。
あの頃はまだ貧乏学生が多く、アパートではなくて下宿でした。(今や死語になりつつ…)
まだ宅配便はなく、布団袋と柳行李と段ボール1箱。わずかな荷物を国鉄で送りました。
父が一緒に来てくれて、近くの商店街で食器やお鍋などを買いそろえましたが、
田舎者には、なんてにぎやかで便利な場所!と見る物すべてに感激しました。

当時、京都にはお風呂屋さんがいっぱいあって、歩いて行けるところだけで4か所も。
洗面器を持ってあちこちのお風呂屋さんに通いました。まるで『神田川』の世界。
番台のおばちゃんが「おいでやす」と迎えてくれ、帰る時は「おおきに」。
楽しいことや悲しいこといろいろあったけれど、なつかしい青春のひとコマです。

スポンサーサイト

気になるニュース “マレーシア航空機の消息”

日々いろんなニュースが流れてきますが、なぜか、3月8日、離陸2時間後に
消息を絶ったマレーシア航空機のことがとても気になっています。
乗客乗員239人を乗せたまま、10日を過ぎても全く消息がわからないなんて!

これがもし、日本人の乗客が乗っていたり、日本の航空機だったりしたら
きっと日本中が大騒ぎになっていることでしょう。

これだけ軍事衛星が張り巡らされている現代に、あんな大きな航空機の
行方が全く分からないということに驚いています。
海や山に突っ込んだとしても何か形跡が残りそうなものなのに…。
所詮人間のできることには限界があるのでしょうか、それとも自分達の利害に
関係ないものには力を注がないからでしょうか?

239人のご家族や関係者の方々はどんな思いで不安な日々をすごしていることでしょう。
一日も早く何か手掛かりがあるとよいですね。


せつなすぎる映画 『7番房の奇跡』

あっという間に日々が過ぎていって、もう3月半ば。やんなっちゃいます。
でも、ひと雨ごとに春らしくなっていきますね。
なかなか書けないまま、今頃2月に観た映画の感想です。(2/2鑑賞)


  『7番房の奇跡』  監督:イ・ファンギョン (2013年 韓国)  

       
コメディタッチで、ちょっと実際にはあり得ないファンタジックな要素もある映画
でしたが、結末があまりにもせつなすぎて…心が苦しくなってしまいました。

知的障がいのあるお父さんヨングとしっかり者の6歳の娘イェスン。
二人は貧乏だけれど、仲良く暮らしていました。
しかし、ヨングが少女誘拐殺人罪の容疑で逮捕されてしまい、
幸せな暮らしにある日突然ピリオドが打たれます。

ヨングの入った刑務所の7番房には、5人の訳ありの先輩達(犯罪者)。
最初ヨングの振る舞いに面食らっていた先輩達もだんだんヨングの
純真無垢な心に影響されていきます。みんなで知恵を絞ってついに
ヨングの娘イェスンを段ボール箱に入れて7番房に連れてくることに成功!
見つからないように工夫しながら、刑務所でのコミカルな生活が始まります。

7番房の仲間達はヨングの無実を信じるようになり、刑務所の火災でヨングに
命を救われた刑務所課長の協力も得ながら無実を検証し、事故死だと確信します。
しかし公判の日、ヨングは弁護士のおどしでイェスンのためにと罪を認めてしまい
死刑宣告が…。ヨングとイェスンの別れのシーンが切なすぎます。

ラスト、大人になったイェスンは弁護士になり、大好きなお父さんの冤罪をついに
はらすことができました。きっと空に向かってお父さんに報告したんでしょうね。

イェスン役の女の子、可愛かったですね~。
ヨング役のリュ・スンリョンさん、とても自然な演技。なりきっていました。
7番房の心やさしき面々、個性的でコミカルで、皆さんとても芸達者。楽しかったです。

冤罪のきっかけになるキーポイントが、イェスンが欲しがっていた
セーラームーンの絵のついた黄色いランドセル。
こんなところでセーラームーンに出会えるなんてね(^^♪
政治面では少々ぎすぎすしている両国ですが、文化面ではとてもいい関係だと思います。
お互いメンツにこだわらず、もっともっと近くて近い国になってほしいですね。


まど・みちおさんの詩の世界

3月3日、ひな祭り。いくつになっても何となくウキウキする日です♪
夕食はもちろんちらし寿司とお吸い物。
ついつい、小さなロールケーキと桜餅も買ってしまいました(^u^)

先日の2月28日、詩人のまど・みちおさんが104歳で大往生されました。
ニュースを聞いて、まどさんの詩集がとても欲しくなり、昨日確定申告の
提出にとなり町まで出かけたので、本屋さんに寄って買ってきました。
大きな本屋さんが二軒ありますが、一軒目には全く置いてなくて、がっかり。
だめもとで二軒目のジュンク堂へ行くとたくさん置いてあって感激しました!

まどさん

『まどさん100歳100詩集 まど・みちお詩の本』
                  伊藤英治・編          

            


 2010年3月初版 <理論社>   
 【1000円+税】



まどさんは、「ぞうさん」や「やぎさんゆうびん」など童謡の作詞家として
有名ですが、その他にもたくさんの詩を残されました。森羅万象、動物や植物は
もちろん、コップやつけもの石にまで愛しい目を向けた詩がたくさんあります。

でも、戦時中、戦意高揚のために書いた詩があるそうで、そのために晩年
苦しみ、自己批判されていたそうです。(新聞記事による)

私がまどさんの詩に出会ったのは、今から15年ほど前。
母の命があと2か月と突然宣告された時に、たまたま新聞でまどさんの詩を
目にしました。題名も詩も忘れてしまいましたが、地球上のすべてのものが
宇宙の中の一粒なんだよっていう内容だったようにおもいます。死というもの
は、宇宙の中にあってはとても自然なことなんだと思えて、悲しいけれど少し
母の死を受け止めることができました。

ちょっと楽しい、まどさんの詩をひとつ紹介します。

  「まめ」

 豆に「まめ」という
 ぴったりの名まえを
 だれが つけたのだろう

 さっぱりしている
 ひきしまっている
 りっぱというほかはない
 つけたのは 人間ではないのでは?
 と 思われてくるほどだ

 ほんとに それはもう このへんの
 小鳥やけものや 木や草や
 雨や風や きせつまでが
 人間と いっしょになって
 ながいながい時間をかけて
 磨きあげてきた名まえにちがいない

  ヤブマメ
  ツルマメ
  ナタマメ
  タヌキマメ
  ああ いい!

  シロマメ
  クロマメ
  アカマメ
  ウズラマメ
  ますます いい!



図書券があったので、ついつい他にも二冊買ってしまいました。
  「アンパンマンの遺書」やなせたかし 著
  「アンのゆりかご 村岡花子の生涯」村岡恵理 著

つんどく書にしないよう、ちゃんと読まなきゃね^^;

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

くまねこくん

Author:くまねこくん
         
日々の暮らしの中で
思った事、感じたことを…
(マメじゃないので時々更新です)

アナログな暮らしが好きです♪

✿趣味:映画、土いじり

✿どんぐりの絵、ペイントで書いたので
  ちょっといびつですが…

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ブロとも一覧

穏やかな時間(とき)の中で…
リンク
アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。