春休みのお薦め映画 『ひまわりと子犬の7日間』

火曜日にちらほら咲きだした桜が土曜日には満開!
入学式の頃には葉桜になってしまいそうですね。

20日(水)の夕方、映画 『ひまわりと子犬の7日間』 を観てきました。

動物の映画はあまり観ないのですが、監督・脚本の平松恵美子さんが、山田洋次監督の
もとで20年間共同脚本・助監督を務めてきた方だと知って心惹かれ、観に行きました。
山田監督同様、とても丁寧に誠実に作られた映画でした。

平松監督が”憎しみの連鎖”ではなく”愛情の連鎖”をテーマに作りました、と話されて
いますが、犬や猫をとりまく厳しい現実の中で起きた奇跡のような愛のストーリーです。

原作は、宮崎の動物管理所で起きた実話を山下由美さんが本にした「奇跡の母子犬」
です。宮崎の保健所を舞台に、宮崎出身の堺雅人さんが主人公を演じています。
地方が舞台なのにセリフは標準語ってことがよくありますが、宮崎弁が重い現実を
柔らかく包んでいます。

捨てられた犬や野犬は、引き取り手がなければ7日後に殺処分されます。
ボタンひとつで…。一つでもたくさんの命を救いたいと、里親探しに走り回る父親と
それを手伝う娘。その父親が、殺処分の仕事をしていると知ったときのショック。
ある日住民の通報で野犬の母犬と産まれたばかりの子犬が捕えられます。
人間に不信感を持つ母犬は、必死に子どもを守ろうと人間を寄せ付けません。
誰かにもらわれていくには、人間に危害を加えないことが絶対条件です。
父親は、どうにかして母子の命を救いたいと、規則を破り、泊まり込みで
母犬と心を通い合わせようとします。

「どの犬にもそれぞれの物語があるんです」
「自分の子どもを必死に守るのはきっと飼い主にとても愛されて育てられたのでしょう」
と母犬の生い立ちに思いをはせます。
そのひたむきな姿が、家族や周りの人たちにだんだんと伝わっていきます。
そしてついに奇跡が…。


母犬の〝ひまわり”を演じた柴犬イチ(7才、メス)が素晴らしいです!
ドッグトレーナーさんの努力があってのものでしょうが、
一体どのようにして撮るんでしょうね。

主人公の母親役を、「東京家族」でもいい味をだしていた吉行和子さんが演じています。
重くなりがちな場面が、吉行さんのちょっとお茶目なしゃべり方で、スパイスを
きかせたお料理みたいにすかっと明るくなります。

とってもやさしい映画でした。春休みに親子で観るのにぴったり。イチオシです!
スポンサーサイト

やっと、片づけ はじめたよ~!

ここのところの陽気で、花が一斉に咲きだました。
自転車で走る道々、あちこち花盛り。白木蓮も満開です。
わが家の庭も、ラッパ水仙やハナニラが咲きだして、あ~春だなぁ。

陽気がよくなって、ナマケモノの私もやっと動き出しました。
ずっとずっと何年も気になっている 「片づけ~!」
物はあまり買わない方なんですが、もったいないが度を越して捨てられないんです。
何かに使えるんじゃないかと箱や紙袋、空き瓶、二度と着ないような衣類。
思い出の品々(年賀状、手紙、旅先や喫茶店で集めたマッチ箱etc.)、本類、などなど…
小学生の時に使っていたクレヨンまであるにいたってはあきれ果てます。

ウサギ小屋ほどの小さな家なのに、開かずの引き出しや開かずの押し入れが。
もう何年もさわっていない場所は全部いらない物のはずですよね。
とにかく、思い切って処分するしかないってことはわかっているんですが、
あまりにも増えすぎてどこから手をつけてよいやら…

でも、おとといは玄関の靴類を、昨日は台所の棚の一部を片付けることができて
ちょっとスイッチが入った感じです。20代の頃(えっ?)に履いていた靴もでてき
ました~。まだきれいなんだけど、足がでかくなってはいらない!処分できました。

娘たちの洋服やコミックもわんさかありますが、まずは自分がやらなきゃ人のこと
言えないしね。先は長いけど、今度こそは頑張ります(^O^)/ 
ブログに書くと頑張れるような気がします。
目標は友達をよべる部屋。ゆったり気分でティータイムのできる部屋。

実は…6月に父が来るかもしれないので、それまでにどうにかしたいので~す。

春の陽気にさそわれて♪

昨日の土曜日、春の陽気にさそわれてちょっと遠出をしてきました。
行き先は、東京の立川市と昭島市にまたがる
 『国営昭和記念公園』
    この公園は、昭和天皇在位50年記念事業の一環として
    米軍立川基地跡地に建設され、1983年10月に開園しました。

南武線の立川駅で降りて徒歩10分くらいで公園の端っこに着きましたが、
東京ドームの40倍もある広さ(180ha)なので、そこから入場口までがまた
10分以上かかりました。池や日本庭園、運動広場、花木園、お花畑、雑木林
盆栽苑等いろいろありましたが、とにかく広くて広くて、2時間以上歩いても
全部は回りきれませんでした。お弁当も食べましたよ~(^u^)
若い人たちはレンタサイクルで軽快に園内を走っていました♪

さすが国営ですね!木の一本一本がきれいに剪定され、手入れがとても
行き届いています。カフェやレストランも整っていて、維持費にどれだけの
税金が使われているんだろう?と余計なことまで考えてしまいました。
園内の道もとても広く、広域防災拠点にもなっているそうです。

国営昭和記念公園 梅園










今日の目的は、梅の花。そんなに広くない梅園ですが、
白や薄い桃色、濃い桃色、いろんな種類の梅の花が満開で、
桃源郷の中にいるようなしあわせな気持ちに包まれたひとときでした。
国営昭和記念公園 梅園 2013










オンボロ携帯なので、明るいところでは画像がまったく見えず、
あてずっぽうで撮った写真の中の2枚です。
花のアップは全部ピンボケ。今年中に絶対デジカメ買いた~い!

雑木の下には、福寿草やクリスマスローズなどもあちこちに
咲いていて、春を満喫できました。でもちょっと暑かった~。

昨日(3月3日)の日記

3月3日(日) 晴れ
今日はひな祭り。何をするわけでもないけれど、何となく楽しい気分。

10時半で仕事が終了、そのあと電車で隣町の税務署まで確定申告の提出に行く。
最近はパソコンで必要事項を入力するだけでだれでも簡単に作成できて便利。
今年は、次女が2か所でバイトをしているので、二人分提出する。

お気に入りの本屋さん”○○堂”でぶらぶら本を眺める。
ずっと探していた中沢啓治さんの『はだしのゲン、私の遺書』を見つけたので購入。
昨年12月19日に亡くなられ、その翌日が発売日。本当の遺書になってしまった。
すでに持っている『はだしのゲン自伝』とほとんど同じ内容だけれど、
死ぬ前に、自分の体験を子どもから大人までみんなに伝えておかなければ、
という気持ちがいっぱいつまっっている。

やはりお気に入りのファーストフード店「ベッカーズ」でランチ。
サラダやスープの付いたセットがいろいろある。
隣町に来た時はここへ寄るのが楽しみ♪
今日は”パストラミサラダプレート”590円
コーヒーも大きなマグカップにたっぷり入っていてお得感あり。

帰りに、映画 『ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日』 を鑑賞。
  監督:アン・リー。 ちょっと摩訶不思議な映画。

有機イチゴと白桃のプリンアラモード

ひな祭りなので、奮発してデザートを購入して帰宅。
”有機イチゴと白桃のプリンアラモード”¥890










夕食はやっぱりちらし寿司。いつもより丁寧に作る。いつもよりおいしい。
夜は大河ドラマ「八重の桜」を観たあと父へ電話をする。

あ~今日は久々で休日気分だったな~♪
明日もいい日でありますよ~に!
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

くまねこくん

Author:くまねこくん
         
日々の暮らしの中で
思った事、感じたことを…
(マメじゃないので時々更新です)

アナログな暮らしが好きです♪

✿趣味:映画、土いじり

✿どんぐりの絵、ペイントで書いたので
  ちょっといびつですが…

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ブロとも一覧

穏やかな時間(とき)の中で…
リンク
アーカイブ