はじめての盆栽! ~春モミジ~

気持ちのいい若葉の季節になりましたね。
今日は、朝投票に行って、あとは夕方18時から1時間の仕事だけなので、
映画にも行かず、久しぶりにのどかに過ごしています。

盆栽に初挑戦することになりました。
去年の夏、花屋に勤める娘が、苔玉に包まれたモミジを2本持って帰ってきました。
売れ残りなのだそうです。当の娘はほったらかし。私が時々水をかけていました。
そのうち葉が枯れて枝だけになり、どう扱っていいかわからないので、苔玉のまま
取りあえず庭に埋めました。すると、春になって、きれいな色の新芽が出てきました。
引っ越す予定だしどうしよう。「そうだ!盆栽がいいかも。」という次第です。

まずは本屋で入門書を購入。
次にホームセンターへ。盆栽向けの和風の鉢がほとんどない。どこへ行けば売って
るんだろう。土は、赤玉土と鹿沼土って書いてあったけど、便利な盆栽用の土が
あったのでそれを買いました。あと針金とペンチを購入。他は家にあるもので。

盆栽グッズ














やっと今日掘り上げて鉢に植えてみました。
枝ぶりや剪定の仕方など全く分からないのでこれから勉強です。
植えて3週間が要注意だそうで、毎日水やりです。
戸外の風通しのいいところで育てます。
写真を撮ろうとしたら、周りの物が入り込んでしまって。
家の中に持ち込み、ふすまの前でどうにかこうにか撮影。
写真は難しいですね~。
胡蝶の舞

















これは、“胡蝶の舞”というモミジです。枯らさないようにしないと…。
もう1本、新芽が赤いモミジがあるので 、もう一つ鉢を買って植える予定です。
どんぐりの木のちっちゃい鉢植えもあるので、それも盆栽仕立てにしてみようかな?


※春もみじ:もみじの中でも特に新芽が美しい種類を春もみじというそうです。
      一般に春もみじの夏の葉は緑になるそうです。


スポンサーサイト

あこがれの庭

トキワナズナ3月













なかなかうまく写真が撮れませんが、トキワナズナのその後です。
日に日に花がふえて可愛らしくなりました。
まだまだしばらく楽しめそうです。

土筆













ちょっと見えにくいけれど、庭の片隅に土筆がのぞいています。
どこからかスギナがやってきて、昨年からはえるようになりました。

ネコのひたいほどの小さな庭ですが、毎年この季節になると顔を出す
野の草花や、ハナニラ・スイセン・ヒヤシンス。ほかの植物たちも
だんだんと芽を出しはじめて、これから1~2か月が一番楽しい季節です。
コンポストがあったり、手入れもろくにせずに雑然としていますが、
とても愛おしい場所です。でも、来年の今頃はたぶんアパート暮らし。
もう庭のある暮らしができないと思うと無性にさみしくて…。

私の憧れの庭、それは、実の生る木が何本かあって、野原の延長のような庭。
樹木があると、色んな鳥が訪れてくれます。そして鳥は種を運んできます。
パンジーなんかじゃなく、季節を感じて咲きだす草花がたくさんあるといいな。
もちろん菜園もあって、野菜も育てたいな~。
野菜くずや枯れ葉、枯れ枝など土に戻るものは全て土に還します。
家はちっちゃな平屋で、赤い屋根がいいかな。ぬれ縁があってね。

こういう暮らしがずっと夢でした。でも夢に終わっちゃうでしょうね。
だから、この世とお別れするときに見る景色は、きっと小さな家と
新緑の頃の庭のような気がします(^-^)
書きながら、これって私の小さい頃の家と庭にそっくりだと気が付きました。
屋根は黒かったけれど、井戸があって、ニワトリがいて…。



こぼれ種の恩恵

わが家のほんの一坪ほどの菜園。
所狭しときゅうり2本、ミニトマト2本、ゴーヤ1本などなど
いろいろ植えて虫に喰われたりしながらも楽しんでいます。

写真の菜っぱは、小松菜と壬生菜です。
植物は正直で、昨年秋に種をまいたのですが、まく時期が遅すぎたためか、
芽は出たもののあまり成長しないまま春が来て薹が立ち、花が咲いてしまいました。
菜の花なので、きれいで楽しめましたけどね。

その花が種をつけ、こぼれ種から芽がいっぱい出て写真のように育ちました♪
おかげで毎日、お浸しや煮びたしにして食卓に登場しています。

小松菜と壬生菜
















この小松菜と壬生菜の種は、固定種(在来種)とよばれるものです。
昭和30年頃までは、このような固定種がほとんどで、農家では種を自家採取して
また翌年蒔いていたそうです。その翌年も、そのまた翌年も・・・
あたり前のような話なのに、今はあたり前じゃなくなってるんですね。

現在お店で売られている野菜や花の種のほとんどは、F1種(一代雑種)と
よばれているもので、人工的に交配して品種改良したものだそうです。
品質がそろい、生育も早く、収量も多く、大量生産に向いています。
今では、ほとんどの農家がこのF1種を購入するそうです。

F1=first filial generation、要は一代限りの種ということで、
上の写真のような、こぼれ種からまた芽がでて・・・ってことは難しいそうです。
子孫を残せない植物って、なんか変ですよね~。

アボガド三兄弟とパイナップル姫

昨日、愚痴ってしまったので今日は楽しい話題を♪
先日のミニミニトラブルの彼とは、今日職場で顔を合わせ、
こちらから話しかけると、今まで通り普通に話す事ができて
心からほっとしました \(^o^)/

アボガドとパイナップル
 左:アボガド長男
 中:アボガド二男
 右:アボガド三男   手前:パイナップル姫

今年の夏は暑かったせいか、ためしに植えてみたアボガドの種、100%の発芽率です!

*左がブログに書いた7月2日発芽のお兄さん。葉っぱが少し枯れたりして夏バテ気味。
*真中の弟、元気にすくすく育ってます。
*右が末っ子、少しひょろひょろで兄貴に追いつけと背伸びしてます。

*そして手前がなんと、いとこのパイナップル姫♪
 
6月中ごろ、西表島産のパイナップルを食べて、葉っぱの部分を
庭のコンポストに捨てたんです。
ある日、コンポストのふたを開けてみると、青々とした葉っぱが!
「お~‼ あの時のパイナップルさん」 葉っぱが根付くもんなんですねェ。(オドロキ!)
うやうやしく取り出して鉢に植えてみました。
枯れることもなく、ちょっとずつ大きくなっています。

ただ心配事が…
南国生まれのこの子たち、これから忍び寄ってくる寒さにどこまで耐えられるか?
室内に入れるには部屋が狭すぎる。そのうえ冬は室内もけっこう寒い。
枯れていくのを黙って見ているしかないのかなあ(それはせつない)。
何かいい対策はないか思案してます。


アボガドの芽がでた♪

食べ終わったアボガドの種から芽を出すことができると聞きつけ、
時たま水に浸けたりしてみてましたが、すぐ水がぬるぬる…
こりゃだめだと、今度は苗用の黒いポットに埋めて頭を少し出して庭に置いてみました。
時々水はかけていましたが、まったく期待していませんでした。

それがそれが7月2日、種がまっぷたつに割れて真中から1センチほどの
芽のようなものが伸びています。 『お~ホントに芽が出た!』
2個埋めたうちの一つです。いつ埋めたのかもよく覚えてませ~ん。

ネットで検索すると、育てている人がけっこういて、写真もいろいろ載っていました。
発芽まで数ヵ月。上手に育つとかなり大きくなるそうです。
「う~ん、あんまり大きくなっても困るなぁ。」
「どんぐりの木の前例もあることだしなぁ。」 (どんぐりの話はまた後日)
育つ前からいらぬ心配をしています。

7月5日、2センチほどに伸びて葉っぱらしきものが出てきました。
気を良くしてもう一個埋めてみました。 (*^_^*)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

くまねこくん

Author:くまねこくん
         
日々の暮らしの中で
思った事、感じたことを…
(マメじゃないので時々更新です)

アナログな暮らしが好きです♪

✿趣味:映画、土いじり

✿どんぐりの絵、ペイントで書いたので
  ちょっといびつですが…

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ブロとも一覧

穏やかな時間(とき)の中で…
リンク
アーカイブ