大往生

わが家のネコさん、とうとうお別れのときがきてしまいました。
その日は、朝少し食べた後ずっと箱に入って眠っていました。
昼過ぎに仕事に出かけるとき、さわったら起こしちゃうなと思って
息をしているのを確認してそっとしておきました。
夜8時ごろ帰宅した時にはすでに…。
温かいうちに撫でてあげればよかったなとそれだけが後悔です。
前日まではよく食べていたので、こんなにあっけないとは…。

この一か月、急に老け込み、ほんの少し粗相をしただけで、
眠りながら静かに逝ってしまいました。
大往生に、心からあっぱれです!すごいです!
いかに人間ていう生きものがどうしようもない存在か、
ネコを見ているとつくづく思います。
いろんなことを教えてもらいました。

私はネコを猫可愛がり(?)するタイプではなくて、
さり気なく一緒に暮らしてきた感じなのですが、
外から家に帰ってきたときっていうのが淋しいもの
なのですね。無意識でネコの姿をさがして、
「あ~そうか、にゃーこはもういないんだね…」と独り言。
この19年間ずっとずっと居るのが当たり前だったから、
狭~い家なのにがらんと広くスースーしています。
この19年がとても長かったように感じます。
大げさだけど、私の中で一つの時代が終わりました。
にゃ~こ、ありがと 💛


スポンサーサイト

ねこの潔さと切なさ(=^・^=)

わが家のねこ。19歳。
19年前の春、家の前でミーミーとさまよっていた子ねこが、縁あって
わが家の同居人(ねこ)になりました。

ついにお別れのときが近づいてきているようです。
ここ1~2年、急に老いが進んだ感じでしたが、ここ半年ほどは
粗相も少なくなり食欲もあって元気にすごしていました。
それが、ここ1~2週間ほど、ずいぶん細くなって毛が薄くなり、
体が落ち着かないのか、丸くなるのではなくうずくまっていることが
多くなり、場所もあっちいったりこっちいったり。

昨日の朝、普通に食事をしたあと外へ出たがって、その後姿が見え
なくなりました。いつもだと用を足した後すぐにもどってくるのに…。
夕方になっても帰ってこないので心配していたら19時過ぎになって
ひょっこり顔を出しましたが、すぐまた出て行ってしまいました。

あわてて後をつけてみると、まず庭で水を飲んでからフェンスの向こうの
畑の中(自宅の横が貸農園になっています)を歩いていきます。探しに行くと、
畑の真ん中でうずくまっていたので抱えて家まで連れて帰ってみたのですが、
すぐまた庭で水を飲んでさっきと同じコースを歩いて畑に行ってしまいました。
暗くて見えなくなり、雨も降ってきそうでとても心配でしたが、きっとひとりで
いたいのだろうなと夜が明けるのを待ちました。

気になって早くに目が覚め、明るくなったので4時半ごろ畑の中を探すと、
葉っぱの陰にでもいるのかと思ったら、畑の真ん中の土の上でびしょびしょに
なってうずくまっていました。私の顔をみると、か細く「ニャー」。
抱っこして連れ帰り、ひとりになりたいだろうからと、お風呂場の隅に
段ボール箱を置いて入れてあげると、少し安心したのか落ち着いたようなので
ほっとしました。濡れた体を拭いてあげたかったけれど、水と食べ物をそばに
置いてそっと見守ることにしました。本能からの行動なのでしょうが、
潔く、愛おしく、そして切ないですね。


ついに来たか!老ネコさんの介護? (=^・^=)

わが家のおばあちゃんネコさん、推定18歳半。
ここ一年、どんどん老いが進み、夏の間はお腹が空いた
とき以外は寄ってくることもあまりなく、ほとんど
お風呂場で寝てすごしていました。

ところが最近なんとなく落ち着きがなくなり、寝る場所も
定まらないみたいで、ちょっと寝てはウロウロ歩き回っています。
ひざの上に乗ってくることも多くなり、寒くなってきたから
温もりを求めて人恋しくなったのかな~と思っていました。

いつも昼間はほとんどお留守番状態ですが、粗相をすることは
ありませんでした。それが昨日の夕方、部屋の隅に大量の
おしっこ。間に合わなかったのかな~と思っていたら、そのあとも
数回そこにしゃがんでポタポタ…ちょっと歩いてポタポタ…。
なんだかしまりがなくなったみたいです。
ここ半年、ネコにも認知症があるんだな~って感じていたので、
ついに来たか!って思いました。

どうすりゃいいもんだか?とにかくペットシート買ってそこらじゅうに
敷き詰めて置くしかないのかな?昼間は留守がちだしな~。
初めての経験で少々頭を悩ませています。

屋根から降りられにゃ~い! もう歳だニャ~ (=^・^=)

もう10月。どんどん月日がたっていきますね。
数日前から、家のまわりのコスモス(秋桜)が咲き始めました。
最近は季節感のない園芸種の花が多いですが、こぼれ種で毎年咲く
コスモスは、ちゃーんと自分の季節を知っているんですね。
                                                   
秋桜













    
少々不気味な写真ですが、わが家のネコです。夜景モードで撮ったらこんなことに…
屋根の上












数か月前までは、屋根の上がお気に入りで、私が外から帰ってくると「にゃ~ん」と
鳴きながらトントントン、ドッと降りて来ていたのですが、この頃はせいぜいボンネット
くらいで、高い所へは上がらなくなってしまいました。ほとんど一日中寝ています。
先日、薄暗くなっても姿が見えないので家の周りを探すと、屋根の上に黒いシルエット
が…。多分、近所のオス猫くんに言い寄られて、あわてて柿の木を伝って屋根に逃げ
たんじゃないかな。上がったはいいけれど降りられなーい。呼ぶとニャ-ニャー鳴いて
こちらを見ていますが、降り方が分からなくなったのかウロウロ。1時間ほどしてやっと
屋根から波板に降りました。その次は雨戸の戸袋の上に乗り移ればいいのだけど、
やっぱりいつまでもウロウロ。しかたない!はしごを立てかけて登って行き、呼ぶと
寄ってきたので、抱っこして無事救出!

やっぱりおばあちゃんネコになったんだね!
自分の将来の姿を見ているようでした =^・^=

ねこと私の、病院初体験 (=^・^=)

先日(7/1)、わが家の17歳のねこを連れて、病院初体験をしました。
ねこも私もすご~く緊張してどっと疲れてしまいました。
できたら病院にかからずに天寿を全うできればな~、と思っていたんですけどね。

1月に、片方のほっぺが腫れたあと化膿して、その時は回復したのですが、
4月に再び化膿。たまたま長女の友人が動物病院に勤めているので、様子を
見てくれました。たぶん歯石からくる歯周病が原因で、ねこにはよくある症状
なのだそうです。抗生物質のお薬を都合して下さり、キャットフードに混ぜて
飲ませると、みるみるよくなりました。

ところが10日ほど前、また再発。残っていた薬を飲ませると、すぐによくなって
きましたが、また再発するだろうから、一度病院で診てもらってお薬もらったほうが
いいね。と勇気をふりしぼって(?)仕事が終わった後に近くの動物病院に抱っこ
して行ってきました。

勝手に、ドラマでみるやさしい獣医さんのイメージを作り上げていたのかもしれない
ですね。先生に「病院にかかるのは初めて?ワクチンもしたことないの?」とあきれ
たような顔で言われてしまい、最初からなんだか気持が固まってしまいました。

私  「今まで元気だったので・・・」
先生「言葉を返すようだけど、時々健診に来ていればひどくなる前にいろいろ
できたんだけどね。いまさら言っても仕方がないけどね。」
心の中で、え~?じゃあ言わなきゃいいのに… と少々悶々としながら先生の
言葉を聞いていました。病状の経過を話したかったのですが、病院にも連れて
来ないいい加減な奴とインプットされたかんじで、あまり聞く耳持ってもらえず、
先生が一方的にお話されました。(夜7時半を回り、スタッフは帰ったあとで、
先生一人で受付から会計までされていたので、余裕がなかったこともあるかも
しれませんね。)

結局、その日は注射をしてもらい、来週、歯石をとるための麻酔ができるかどうかを
調べる血液検査をしてもらうことになりましたが、今の時代、ねこも健康診断をしたり
ワクチンをうったり歯石を取ったり、人間と一緒なんだ!と今更ながら知りました。
でも、健康診断だって高額だろうし、人によっていろんな経済事情もあるだろうし、
なんだかな~。と、割り切れない気持ちが残ってしまいました。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

くまねこくん

Author:くまねこくん
         
日々の暮らしの中で
思った事、感じたことを…
(マメじゃないので時々更新です)

アナログな暮らしが好きです♪

✿趣味:映画、土いじり

✿どんぐりの絵、ペイントで書いたので
  ちょっといびつですが…

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ブロとも一覧

穏やかな時間(とき)の中で…
リンク
アーカイブ