スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うららかな年の初めに…

今年のお正月はうららかな日和で、気持ちまでのんびりしました。
こんなに穏やかな天気のお正月は久しぶりのように思います。

はてさて今年はどんな年になるのか。いろいろ気をもむことの多そうな
公私ともに忙しい年になりそうで、今から少々構えています。とにかく
体調だけは気をつけて元気に乗り切りたいな~。

ここのところ、過剰サービスや働きすぎが話題になっています。
やっと気づいたか…との思いです。
お店は365日夜遅くまで開いているし、足を運ばなくてもネットで
クリックすれば翌日には品物が自宅まで届く。留守宅が多いので、
再配達で二度手間になることが多いのじゃないかな。
便利になればなるほど休みもろくにとれずに夜遅くまで働く人が増え、
夜遅く帰宅する人のために深夜まで営業するスーパ―が増える。
よそがやるからうちもやらなきゃと、どんどん悪循環に陥っていく。
そして便利さがあたり前になっていく人々。

いつからこんなことになったのでしょう。90年代くらいからかな~。
元旦くらい休めばいいし、営業もせいぜい夜8時までで十分。
週1回の定休日も、80年代までは当たりまえだったのにね。

年末年始も働きづめで、残業代もほとんど出ず、毎日深夜12時に
帰宅してロクに食事もしないままバタンキューと眠りこけ、翌朝また
出勤していく娘を見ていると、心配でいろいろ考えさせられます。
労基なんて絵に描いた餅の職場がごまんとあるのでしょうね。
すこしでも良い方向に行ってほしいなと思います。


スポンサーサイト

投票日まであと三日。

投票日まであと三日。まだ誰に投票しようかと思案中です。支持政党はないし…。
神奈川県は改選数4名で、立候補12名。
新聞に各候補者へのアンケートが載っていたので、原発の問題や改憲の問題
などなど自分の考えと合わない人を消去していくと残ったのは2~3人。
どの人に入れても死に票になっちゃいそうだなあ。この中で少しでも当選の確率の
高そうな人に投票するしかないか…。ずっと迷っています。

だいたい今回の選挙に国民の何割が関心があるのでしょう。18歳に引き下げられて
ますます投票率が下がりそうにも思えます。三無主義(無気力、無関心、無責任)と
言われた私たちの世代でさえどの程度投票しているのか疑問です。年齢別の投票率
を知りたいですね。震災後や昨年、「原発反対!」「安保反対!」としきりに集会や
デモが行われていたけれど、あの熱気は今も続いているのでしょうか?それとも
一過性のものだったのでしょうか?原発問題は今回の選挙の争点にもなっていません。

一億総活躍社会?動ける間は這いつくばってでも働けって言われているみたいです。
娘たちを見ていると、有休なんて絵に描いた餅。低賃金でサービス残業が当たり前の
ブラック寸前のグレーの会社ばっかり。保育や介護の職場だけの問題じゃないと思い
ます。マンションや新築がたくさん建って、30代くらいの若い人達が入居していくのを
見ていると、富裕層と貧困層の格差がどんどん広がっているのかなと感じます。

10日の結果がどうでるか。失望に変わるか、少しは希望が見えるのか?

楽しかった映画の感想を書こうと思っていたのに、ここのところ職場で相手のことを思い
やることのできない人たちの言動を見聞きして、少々気持ちがなえています。小さな世界
でもこうなのだから、国や世界規模になるとなおさらですね。人間社会はホンに難しい。



ない頭で考えてみる・・・

安全保障関連法案が参院本会議で可決しました!
いろんな考え方があるけれど、日米同盟のもとに武装していくことが
平和のための抑止力になるとは私にはとても思えません。
「平和」という観念もひとそれぞれ違うでしょうけど、この国がどこへ
向かっていくのか不安になります。

連日「安保法案反対」のデモや集会などのニュースが流れていました。
老いも若きも一緒になって意思表明をすることは大切なことだと思います。
私もこの法案には反対です。でもどこかに違和感をもってしまう私がいます。

この国は常に多数決の論理で物事が決められていきます。
どんな小さな組織でもそれは同じで、いつも少数意見側の私としては
むなしさを通り越してあきらめの境地になる場面が多々あります。

今のこの流れは、14年前の9.11同時多発テロ後、米国のアフガニスタン・
イラクへの攻撃を小泉政権が強く支持した頃からどんどん加速していった
ように思います。そして国民の多数がそれを支持していった、又は無関心
だったのだと思います。直接支持表明をしていたわけではなくても、選挙で
自民党が圧勝したということはそういうことなのではないでしょうか。

反対!反対!と叫んでも、今の安倍政権を選んだのは誰なんでしょう?
それとも選挙に行かなかった?憲法改正(どう見ても改悪)をしたくて
たまらない安倍政権を選べば今回のような法案が出てきて多数決の論理で
いとも簡単に通っていくのはわかっていたはず。
「民意」っていったい何でしょう。マスコミやネットの情報に流されやすい
大衆をみていると、賛成側にしろ反対側にしろなんだか怖くなります。

これからのことを考えるなら、とにかくまず選挙に行く。自分の頭でよ~く
考えて投票する。それしかないんじゃないかと思います。

安倍政権、憲法改正が難しいからじわじわと外堀を埋めているように見えます。
裏ではきっとアメリカからの要請がいっぱいあるんじゃないかな~。

夕刊を見ていたら気持ちが落ち着かなくなって、
ついエラそうなことを書いてしまいました(-_-;)

暑い暑い夏。70年目の8月6日。

真っ青な空。ぎらぎら輝く太陽。蝉の声。
子どもの頃から8月6日8時15分は、都合がつく限りテレビの前で黙とうをします。
今朝も仕事に出かける前に黙とうが出来てほっとしました。

強い日差しの下での式典なので心配でしたが、すべてテントで覆われるように
なったようで安堵しました。今年の松井一実広島市長の平和宣言は、心に大きく
響くものがありました。特に何度も出てくる各国の為政者に向けた呼びかけの
言葉には感銘を受けました。

~人間は、国籍や民族、宗教、言語などの違いを乗り越え、同じ地球に暮し
一度きりの人生を懸命に生きるのです。私たちは「共に生きる」ために、
「非人道の極み」、「絶対悪」である核兵器の廃絶を目指さなければなりません。~

                    2015年8月6日平和宣言より抜粋

本当に本当にその通りだと思います。米軍機から撮った、原爆を投下した直後の
上空からのきのこ雲の写真があります。あの写真を見るたびに想像します。
この雲の下で一体何が起きているのか…。一瞬にして無くなる日常…。
その後も米ソの核実験はつづき、どれだけの人が犠牲になったことでしょう。

核の抑止力なんて信じません。同じく安倍さんのいう平和のための武装も信じません。
70年間、広島・長崎の地から核の廃絶と戦争のない世界を訴え続けているのに、
まだまだ道のりは遠い。でもあきらめちゃいけません。


戦後70年だというのに・・・

戦後70年。終戦時に10歳だった人は80歳に。20歳だった人は90歳に。
あと20年もすれば、戦争を記憶する人はほとんどいなくなってしまうでしょうね。

世界は相変わらず混沌としているし、日本はといえば、高度成長時代に何の苦労も
なくエリートコースを歩いて来たのかなと思わせるような国会議員たちが空論を交わ
しています。安倍政権になって以来、不安を覚えるような法案が次々と出てくるし、
原発も、相変わらず安全神話がはびこり利害も絡むのか減っていきません。

武力行使の新3要件(集団的自衛権を使う際の前提になる三つの条件)のひとつ、
(1)密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、我が国の存立が脅かされ、
   国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある


一体何を想定してこんなことを言っているんでしょう。仮想敵国??
根底から覆されるような事態なんて、それは人類滅亡のときじゃないかと思います。
原発事故や核爆発、自然災害、エネルギーの枯渇、食糧危機、砂漠化などなど
そちらの方がずっとずっと心配です。世界が手をつないでやらなきゃいけないことが
いっぱいあるはずなのに、なぜ今こんなことを話し合っているのでしょう。
私たちは愚かな存在です。再び70年前のようなことが起きないとは限りません。。

私にできることなんて選挙に行くことくらいですが、先日新聞で見て、
ちょっと高かったけれど思わず買った本があります。

私の「戦後70年談話」 岩波書店編集部 編 (1600円+税)

1940(昭和15)年以前生まれの41人の著名人の戦争体験やメッセージをまとめた
ものです。日々が忙しくてつい無関心になりがちですが、私なりに考えるきっかけに
なればと思って買ってみました。



カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

くまねこくん

Author:くまねこくん
         
日々の暮らしの中で
思った事、感じたことを…
(マメじゃないので時々更新です)

アナログな暮らしが好きです♪

✿趣味:映画、土いじり

✿どんぐりの絵、ペイントで書いたので
  ちょっといびつですが…

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ブロとも一覧

穏やかな時間(とき)の中で…
リンク
アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。