8月。花火日和。

もう8月ですね。さあ今月も仕事がんばろー!
そう言って自分に気合を入れながらどうにかこうにか過ごしています。
今日の仕事は、朝8時から9時と、夜の7時から8時の2回でした。

今日は地元の花火大会。夜訪問したお宅は海に近いマンションの3階なので、
窓から花火が見えます。ベッドから車イスに移乗していただき、夕食・服薬・トイレ
の手伝いをして再びベッドに入り、オムツを当てて終了という1時間の仕事です。
途中でちょうど花火が始まり、利用者さんが「ほら、ベランダに出て花火を見なさい」
「仕事じゃなくてよかったわね」(?)などと、嬉しい言葉をかけていただいたのですが、
お愛想しながら、心の中では「今仕事中なんだけどな~」とちょっと複雑。
この一年で体力が落ちて、ヘルパーの来る時間以外はいつもベッドの中でハリのない
生活をされています。今夜は久しぶりに楽しそうに花火を見ておられるので、帰るに
帰れず、最後まで一緒に花火を観賞しました。それからベッドに入っていただいたので、
30分以上オーバー。サービス残業です。

でも、「ひとりより誰かと一緒に見た方が楽しいわね。(兵庫県出身の方なので)子ども
の頃は、甲子園で花火を見たのよ」などといつになくよくお話しされ、私も何年かぶりで
きれいな花火を見られて、よかった、よかった♪
昨夜だと稲妻ピカピカ(怖かった~)雷ゴロゴロで花火どころじゃなかったけれど、
今夜は、花火の上空には三日月が出ていて、花火日和でした。


スポンサーサイト

ちょっと落ち着かない日々

寒いせいもあるのだけれど、この頃なかなかブログを書く気持ちになれないでいます。
特別忙しいわけでもないのに、いつもいつも何かに追われているようで落ち着きません。
世の中、忙しい人や大変な人いっぱいいるのになにぜいたく言ってんだ、仕事があるだけ
で感謝しなきゃとは思うんですが…。もともとがぐーたらなもんで。

ちょっとずつの仕事がだらだら続いてきちんとした休みがないっていうのが
落ちつかない理由のひとつだと思います。嬉しいことに、明日は8時から1時間半、
あさっては7時半から1時間のみの仕事なのでちょっとほっとできます。
友達と会ったりゆっくりお出掛けしようと思います。ブログも書く気持ちになり
ました。だけど、朝1時間でも仕事があると前の晩から落ちつきません。
何にも仕事がない日の前の晩の幸せなこと ♪
そういう日がせめて週一日あればいいのだけれどな~。
う~ん、グチを言ってもしかたがない!
それより気持ちよくすごすために時間の使い方を工夫したほうがいいですね。

もともとが人と関わるのが苦手で、学校も苦手でした。今でも、親睦会とか交流会とか
大勢でわいわいするのが苦手で、悪いな~と思いながらもできるだけ避けています。
それなのに人と関わる福祉の仕事をずっとやっていて、不思議なもんだなぁと思います。
でも、人の輪に入れないしんどさや寂しさが分かることが、多少仕事に生かせている
かなとも思います。

仕事だと、気持ちが少しハイになれるんでしょうね。
「○○さんはいつも元気ですね~」なんてよく言われます。
今日は夕方、グループホームの仕事でした。アパート形式なのですが、部屋にこもり
気味の方が多いので、6人の方一人ひとりとお話したり、夕食を作る手伝いをしたり
してきました。皆さん、その日によって体調(主に精神面)に波があります。
もう何年も勤めているのに、仕事に行く前はいまだに少々緊張します。
うまくコミュニケーションがとれればホッとします。
仕事の時は、ちょっぴりいい人になれるみたいです。その分エネルギーを使っている
けれど、こんな私でも少しは人の役に立てているのかな、と反対にエネルギーも
もらっています。ギブ&テイクですね。


     


なにげない言葉が…

台風が去って、やっと秋晴れ。気持ちいいですね~。

ここのところずっと心に引っかかっていることがあります。
けっして嫌いな人ではなく、もちろん悪い人ではない。
むしろとてもいい人で、まじめで仕事熱心な人なのです。
でも、なにげない言葉に違和感を感じることがあります。

精神障がいの方たちが暮らすグループホームで、その人も私も非常勤スタッフとして
働いています。違和感というのは、その人が利用者の方たちをどこか上からの目線で
見ているような気がすることです。でもご本人はそのことには気づいていないし意識
もしていないと思います。

普段は、出勤日が別々なので顔を合わせることはないのですが、会議でのなにげない
言葉のなかに感じてしまいます。例えば、「○○をやらせたほうがいいですか」とか
「買い物の訓練」「ほめてあげました」「ズルして休んだ」「支援しますよ」などなど。
こういう言葉を聞くとすごく心がざわつきます。
けっして悪気がある訳ではなく、真面目に話されているのですが、その人の視点が
利用者の方たちを無意識のうちに下に見ているから出てくる言葉なのではと思います。
たまにその言い方はよくないのでは?と伝えることがありますが、その意味をわかって
下さったかどうか?私だけで、他のスタッフの人たちは感じないのかなあ?

私は、利用者の方たちが、安心して少しでも明るい気持ちですごせるようにお手伝い
できればと思っています。たまにちょっぴりお節介をやいたり言ったりしながら、
まずは信頼関係を作ることが大切かなと考えています。
けっして指導・訓練することが仕事ではないし、“支援”という言葉も、書類上では
使っても、御本人にいう言葉ではないと思うのです。でも福祉の現場では、真面目な
人ほどとかく勘違いしがちのように思います。

以前、世間話をしていて「私は上の立場の人から頭ごなしにエラそうに言われたら
すっごく腹が立つなぁ」と話すと、その人は「あら、私だったら上の人の言うことは
何でも喜んで聞いちゃいますよ」とサラッと言ったんです。
あ~こういう人もいるんだ~。と少し驚き、そして納得しました。
この人はきっと上の立場の人から何かを指図されたらどんなことでも疑問を感じずに
素直に従うことができるのかもしれない。だから自分の言動が利用者の方たちに対して
上からの目線になっていることには思いが至らないのだろうな、と。

なにげない言葉の中にその人の本質がみえることがあります。
私自身にも、思いあがっているところがあると思います。
ときどき自分を客観的に見つめ直すことが大切なのでしょうね。

ここまで書いて、私的な日記じゃないのだから、こんなことブログに載せない方が
いいのかな~と少々迷いながら(-_-;)のアップです。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

くまねこくん

Author:くまねこくん
         
日々の暮らしの中で
思った事、感じたことを…
(マメじゃないので時々更新です)

アナログな暮らしが好きです♪

✿趣味:映画、土いじり

✿どんぐりの絵、ペイントで書いたので
  ちょっといびつですが…

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ブロとも一覧

穏やかな時間(とき)の中で…
リンク
アーカイブ