アメリカ映画って…

寒さの中にも春の気配が感じられるようになってきましたね。
春めいた日には陽気に誘われるのか、人通りがぐんとふえて
そんな光景を見ていると気持ちもほっこりします。

さて、ちょっと私の独断と偏見に満ちた映画の話。
ちょこちょこ映画を観に行くのですが、せっかく期待して行ったのに
いまひとつの作品や、いい雰囲気だなと思って見ていたのにラストシーン
で残念な作品がここのところ多くて少々欲求不満気味です。

特に近年のアメリカ映画はとっても残念です。
十把ひとからげにしてはいけないのですが、例えば地球が滅亡の危機に
陥っているときでも、まずは愛する家族・愛する恋人が何よりも大切。
そして次に大切なのが愛するわが国。周りで仲間達が次々に倒れていっても
おいおい、そんなところで家族や恋人と連絡取りあっている場合か?
なんてシーンが多々あるような…。

昨年、評判もいいし、たまにはいつも見ないような作品でもと思って迷いながら
見に行ったのが『ブレードランナー2049』。近未来のSF的な面白さもないし、
人造人間(レプリカント)のアイデンティティ探しのようなけだるいストーリーで
がっかりして帰ってきました。それ以来、見応えのあるアメリカ映画はないものか
と、『ギフテッド』や『ギルバート・グレイプ』(1993年の作品。少年時代の
レオナルド・ディカプリオの演技は一見の価値あり)など何本か見ましたが、
いまひとつ物足りないですね~。

どこかに「家族さえ、恋人さえ、自分の国さえ良ければ」「自分たちが一番だ!」
みたいな匂いが感じられるのかな。それともただ私の感性と合わないだけなのかな。

つい先日も、『ゲット・アウト』が斬新なホラー映画っていうふれこみだったので
少し迷いながらも見てきましたが、たまに大きな音にビックリするくらいで、ハラハラも
ドキドキも、どんでん返しも、笑いどころもなく、どこかで見たような展開であっけなく
終わってしまい「あらラララ…」でした。黒人対白人という設定も、あまり意味を感じ
なくてやっぱり残念な作品でした。もうひとひねり欲しかったな。

アカデミー賞受賞作品は全くあてにならないしな~。
ひと昔前にはけっこう秀作があったのにな~。
でも懲りずに、見応えのあるアメリカ映画との出会いを待ってます。

スポンサーサイト

☆笑顔になる映画 『パディントン2』

日々いろいろ思ったり感じたりすることはあるのですが、
それを文字にしようと思うとなんだか億劫だったりうまく表現できな
かったりで、相変わらずブログが滞っています。
映画はちょこちょこ観に行ってるし、気持ちが落ち込んでるわけでは
ないけれど、でもなんとなくもや~っとしているというか、残りの人生
どう生きていこうなんて考えてみたり…。
でも、今日観てきた映画でなんだかとっても温かくて幸せな気持ちになりました!

☆『パディントン2』 (2017年 、英仏合作)
  
  監督:ポール・キング  
  主演:ベン・ウィショー(パディントンの声)、
     ヒュー・ボネビル、サリー・ホーキンス、ヒュー・グラント 他


この映画は、有名なイギリスの児童文学「パディントン」シリーズの実写版第2弾です。
先日新聞を見ていたら、パディントンは南米のペルーからロンドンへやって来た移民の
クマだって書いてあって、なんだか面白い設定だな~と思わず観に行った次第です。

これがこれが、期待以上にいい雰囲気の映画で、子どもから大人まで楽しめる作品です。
パディントンは小さなクマなのですが一本気で声も渋い。いわゆる可愛い顔ではないけれ
ど、その一本気な性格からくる言動がとってもユーモラスでキュートです。
そして、パディントンを取り巻く人々のキャラクターがそれ以上にとっても素敵です。
ロンドンの街の雰囲気もちょっとレトロで、CG使いながらもアナログ感がたっぷり。
コメディーあり、ヒューマンドラマあり、サスペンスあり、そしてハッピーエンド!

ほんわか笑いながら、考えさせられる作品でもあります。クマだろうが人間だろうが、
どこの国の人だろうが、みーんな仲間だよ。みーんないいところ持ってるんだよ。
差別や排除があふれているこの混沌とした世の中へのパディントンからのメッセージの
ように思いました。イギリス映画って好きなのですが、ますます好きになりました。

北風はとっても冷たいけれど、久しぶりにあったか~い幸せな気持ちになれました。
ありがとう、パディントン🎵まだ公開されたばかりです。ぜひぜひ劇場へ足を運んで
みて下さい。見終わったら、ママレードサンドを食べたくなりますよ。


新たな気持ちで・・・

ブログをさぼっている間に年が暮れ、そして新しい年がやってきました。
ただの連続した日、仕事もいつもと変わらず続いていきます。
違うのはカレンダーが新しくなったくらいかな。でもなぜか気持ちが
新たになって、今年は・・・なんて思えるから不思議です。

今日やるべきことだけを考えてあっという間に過ぎていく毎日。
だけど、ふり返ると一年前は遠い遠いはるか昔のことのように感じます。
世の中や自分自身の日々の出来事が、どんどん記憶の奥底に沈んで
いくような感じって言った方がいいかな~。
一見便利だけれど、実はとても複雑になった社会の変化についていけなく
なったせいか。真偽のほども確かでない情報が次々とあふれ出ては消えて
いくせいか。いえいえ、ただ私が忘れっぽくなっただけかもね。

(今、NHKの「年の初めはさだまさし」を見ています。
 この番組好きですね~。思い切りアナログなゆるゆる感がいいですね🎵)

今年は、新たな気持ちでブログをもう少しマメに書きたいと思います。
もともと根気がないから、習慣にしないとついほったらかしになって
しまいますね。もちろん、映画もいっぱいみたいです。
どうぞよろしくお願い致します。


ちょっとアホな小学生時代につかの間のタイムスリップ

先日、実家の2階の押し入れをごそごそしていたら、段ボール箱の中から、
とうの昔に処分されて跡形もないと思い込んでいた小中学生時代の物が
出てきてビックリ!きっと高校を卒業して家を出るときに、自分で整理して
箱に詰めたのでしょう。情けなかった子どもの頃の自分を思い出して、
ちょっと胸がバクバクしました。

色々詰まった中から、4年生から6年生の時に書いていた日記が出てきました。
日記とはいっても、ペラペラのメモ用紙にふたことみこと汚い字でなぐり書きした
ものなのですが、読んでいてあまりのアホさかげんに笑ってしまいました。
もう少ししっかりした小学生だったと思っていたのだけどな~。
まるでちびまる子ちゃんの世界そのものでした。

  給食のワンタンスープがまずかった。
  お母さんに三日間ガミガミ言われた。
  一日中手伝いをさせられた。
  ○○さんがマンガ本を返してくれない。
  兄にわけもなくたたいたりけったりされた。
  父に歌はあきたといってチャンネルを変えられた。

などなど。ろくなことを書いていません。

でも、記憶の断片に残っている思い出の数々…広島の親戚に行ったときに
地震が起きたこと、夏休みに海水浴に通って泳げるようになったこと、友達と
新聞配達したいねと相談して新聞屋さんに行ってみたこと、別冊少女フレンドを
毎月買っていたこと 、ネコのミーコがずっと帰って来ないことなどなどがリアルタイム
で書かれているのを目の前にして、まるでタイムスリップしたような不思議な感覚
におそわれました。『万国びっくりショー』なんてテレビ番組の名まえもありました。
そして、昭和の小学生は結構お手伝いをよくしていた、というよりさせられていた
のも再発見でした。

箱の中には他にも色々なものが…さて何が出てくることやら??

いつもと同じ日々

いつのまにやら11月。やっと秋らしい青空になりました!

毎日仕事に行って、時間が空いたら映画を観に行って…。
特別困ったことや悩みもなく、まあまあ元気で、欲しい物もさほどなく、両親を
見送り、孫もなく、あ~今が人生でいちばん穏やかなときなのかなってこの頃
思います。飛び上がるほどの喜びもないけれど、いつもと同じ日々がつづくって
どんなに幸せなことなんだろうって。

ちょっと世の中を見渡せば、事件や事故、災害、不穏な動きなどなど不安材料は
いっぱいですが、みんなが少しづつ欲を捨てて、小さなことに喜びを感じられたら
もう少しましな世の中になるのにな~。

毎月一泊二日で片道7~8時間かけて実家に帰っています。夕方着いて、掃除を
して、翌日の午前中は片付けや草取りをしてお昼にはもう帰路。強行スケジュール
にも慣れるものですね。誰もいない実家の静けさの中にいるととても気持ちが穏や
かになります。いつまでもは続けられないけれど、法事もしないので、せめてこの
一年は供養もかねてと思っています。今はそれが一番の楽しみでもあります。

10月は映画を4本観ました(^^♪ 新作1本、旧作3本です。

新作はオダギリ・ジョー主演の「エルネスト」(監督:坂本順治)
チェ・ゲバラがファーストネームの「エルネスト」を戦士名として与え、共に戦った
日系2世フレディ前村の生涯を描いたものです。全編スペイン語。オダギリ・ジョー
の淡々とした演技が光っていました。キューバ革命後にゲバラが広島を訪れていた
ことなど色々と興味深い映画でした。今年はゲバラの死去から50年だそうです。

旧作は、黒澤明作品の「野良犬」(1949年)と「天国と地獄」(1963年)、そして
フランスのコメディ映画「ぼくの伯父さん」(1958年、監督:ジャック・タチ)

昔の映画は、制作当時の町の風景、人々の暮らしぶり、匂い、世相などが感じられる
のが楽しいですね。「野良犬」の三船敏郎と木村功、「天国と地獄」の山崎勉がまだ
若くて青臭いのも楽しい。「ぼくの伯父さん」の伯父さんにはセリフがなくて、やる
ことなすことどこかMr.ビーンを彷彿とさせます。きっとMr.ビーンの方がこの映画
の影響を受けているのでしょうね。
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

くまねこくん

Author:くまねこくん
         
日々の暮らしの中で
思った事、感じたことを…
(マメじゃないので時々更新です)

アナログな暮らしが好きです♪

✿趣味:映画、土いじり

✿どんぐりの絵、ペイントで書いたので
  ちょっといびつですが…

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ブロとも一覧

穏やかな時間(とき)の中で…
リンク
アーカイブ